kokokaramakuruの日記

野球 金魚 競輪少々 思いついたことをビビりながら書くブログ

『だからなんなんだ?』を考える

f:id:kokokaramakuru:20211204171923j:plain

さて問題、上は何を集計したものでしょう?(笑)

①18

②17

③11

④18

⑤13

⑥19

⑦16

⑧18

⑨12 

 

除外1

 

全部で合計143です。(この数字でピンと来ますでしょうか)

 

f:id:kokokaramakuru:20211204172034j:plain

こんな風に手作業してました。(学生と一緒にやればよかったと途中で思った)

 

ふと、

プロ野球の試合の中で、勝敗を決める重要な得点は何回に入ることが多いのだろうか?」ということを思い、ちょっと数えてみようと思ったわけであります。

 

やったことは、

「2021年の阪神タイガースペナントレースの公式戦で、

『試合を決める点数が入ったのは何回だったか?』というのを数えた」ということです。

 

試合を決めた点数の定義ですけども、色々な切り口はあるのですけども、とりあえずここでは、例えば9-7の試合だった場合に、「8点目は何回だったか?」という数え方です。

最終スコアのリードした点数の入ったイニングを集計してみました。

 

ですから例えば序盤に10-0でリードしていて、最終的に10-8だった場合には9点目のイニングを集計しています。

 

この場合は「結果的にあの追加点が大事だった」というパターンです。

 

もちろん、

「最初の点数が価値がある」「リードして進む試合と、劣勢での試合は違う」

など考えたい視点によって切り口はさまざまだと思いますが、とりあえずこれで。

 

というわけでもう一度掲載

f:id:kokokaramakuru:20211204171923j:plain

(0-0のスコアレスドローは除外 1試合)

こうしてみると、

1番多いのが

六回で19試合

2番目に多いのが

初回、四回、八回 の18試合となりました。

3番目に

二回の17試合

 

反対に少ないのは

三回で11試合

九回の12試合

五回の13試合

 

でした

 

ラッキーセブンと言われる七回は6番目ということで、当たるも八卦当たらぬも八卦といったところでしょうか(笑)

 

・・・で、『だからなんなんだ?』

 

・・・って、話なのですけども、

こういうものから「俺はこう思う」「だからこうじゃないか?」などというような会話が楽しいというもので(笑)

 

それがホントに正解か?などというのは案外どうでもいいことで、論理ゲームといいますか?

 

皆さんはいかが?

 

「けっこう初回の点数で決まっていることって多いんだな」

「九回は印象に残っているけど、案外少ないんだな」

「六回って、実は意味が大きいイニングなんだな」

「六回に取っておいた追加点があとで効いたこと多いな」

「六回といえば、ちょうど投手が100球あたりのところで、最近よく議論になる球数だな、ひょっとして100球で交代は肩や体力の問題だけではなく野球というゲームの構造上、交代する作戦が有効なのかな?」

「四回といえば、ちょうど打者1巡のところだな、逆に三回は下位打線?もしくは投手の調子が一番あがる時か?」

「五回は、投手が勝ち投手がかかっていて気合が入るのかなその分6回は抜けるのか?」

「九回より八回にヒトヤマくることが多いんだな」

「六回、八回はけっこう難しいというか、実は野球の攻防の面白い回はそこなのかな?」

 

なんてなことで、語りだしたらもう大変でありますが、実に楽しい時間になるのではないでしょうか(笑)

何か、他に考えつくところがありましたらコメントいただけると嬉しいです。

 

 

ちなみにこれは今年(2021年)の阪神の場合ですので、他のチームでやったら、また全然違うかもしれません。

好きなチームでやってみてはいかがでしょうか?

 

序盤に偏っているチームなどあるかもしれません。

 

集計方法によっても大きく変わるのがこういう分析ですので、自分なりの切り口でやるのもまた面白いということで。

 

小一時間の作業でありました。

 

今度、学生が来たら違うチームのもやってみますかね(笑)

 

面白いのは三回五回九回は少なかったですが、あとは割とバランスよく分かれたなと。

 

 

 

 

 

それっぽい(笑)

f:id:kokokaramakuru:20211201230051j:plain

右で「それっぽく先生ヅラ」しているのがワタシです。

職場の同僚の先生が撮影してくれました。こういう写真はなかなか撮ってもらえないのでありがたい。

金魚やら競輪やら野球の話ばかりで「ホントに教員やっているんです」という証明がナカナカできなかったもので(笑)

 

でも、なんか自分で思っているのとだいぶ違うな(笑)

 

私の勤務している関西医療大学の柔道整復学科では、健康運動実践指導者という資格にもチャレンジすることができるのだけども、その資格試験の時期が近づいてきた。(試験は12月19日)

 

「実際に指導ができるか?」ということを試される試験で、課題がちゃんと決まっている。

 

エアロビックダンスを実際にやってみなければいけないので、その試験対策練習。

f:id:kokokaramakuru:20211201230642j:plain

自分でやってみた動きを、すぐにその場で再生して、各自で反省会。

 

スマホで撮影した動画をHDMIでつないで見せれば、すぐにできる。(つなぐアダプターが必要だけど)

 

「できてないじゃないか、バカやろ~!」などという必要がなく、お互いにとっても平和である。これはとてもありがたい。

 

こんなの、自分が選手の時に欲しかったな~

 

そりゃ、今はいい選手出るわけですよ。

 

というわけで私は、この仕組み(というほどのもんでもないけど)を、最近また再開したハイクリーンの練習にも使っている。

 

そのハイクリーン。

 

今朝、いきなり肘の周囲の筋肉がこわばり、肘の曲げ伸ばしが困難になって焦った(汗)

 

ドラッグストアでサポーターを購入(汗)

 

全身が筋肉痛というか、ほどよい張りがある。

 

新たなコツも見つかり、ただいま奮闘中。

 

日々の腕立て伏せに、フロントスクワットを追加することにする。

 

前作で、息子さんが野球部でクリーンをやっているというKさんからコメントをいただいたので、そういえば『そこの野球部に行ったことあったな。』と思い出し、過去の記事を以下に添付しておく。

kokokaramakuru.hatenablog.com

 

この時は、一番、最前列で随分と熱心に私の話を聞いてくれて、とても嬉しかったのだけど、「こりゃ~マジメだけど野球がヘタなタイプかな~」などと思っていたら、後で巨人に入った岸田捕手でした(笑)

最近は、『トップ選手がトレーニングに熱心なんだな~』と変な感心をしたものでした。

まぁ、それは熱心なコーチがいるからなのですけども・・・

以下、そのコーチの話題

kokokaramakuru.hatenablog.com

kokokaramakuru.hatenablog.com

 

I野コーチによろしく~ってまだやってるかな?(笑)

 

これ8年前か!熱いことやってたな。

 

けっこう頑張ってたな(笑)

 

「過去を振り返っているようではダメだ!」

と勇ましいことを言う人もいるけれど、

未来に希望が無いなら過去を見て

「お前、頑張ってた部分もあるじゃないか」と自作で自分を励ますのも、

この際仕方あるまい(笑)

 

そう考えると、ブログを継続しておくのってけっこう大事だな(笑)

 

Kさん、きっかけをありがとう。

もうちょいがんばろう。

 

 

やり直し

f:id:kokokaramakuru:20211127163834j:plain

私です(バーベルは35kg)

 

久しくバーベルを持っていなかったのだけども、ちょっとアドバイスしなければならない状況が発生し、もう一度復習しなおしている。

 

「しなければならない状況」なんて、いかにも受け身で書いたけど、本心では「ありがたい」と思っている(笑)

なかなか自分のためにカラダを鍛えるという発想が持てない性格なので、指導を受けてくれる相手の出現は感謝。

 

上の写真だとデッドリフトをやっているカタチだけども、まずはここから作っていくのが基本ということで・・・

 

やらなきゃいけないのは、「パワークリーン」(ハイクリーン)

 

ざっくりいうと、重量挙げの動作で頭上まで上げる部分はナシというやつで。

 

筋トレ種目は数あれど、というか数あるからこそ、この「パワークリーン」をできるかどうかで、「あ~そういう感じですか~」と、どちらにも見られてしまう種目である。

 

『ベンチプレス・デッドリフト・スクワット』

 

のことを、「ビッグスリー」と呼び、筋トレ種目の王道とされる。

 

その上で、このパワークリーンができる(自分でできる、プラス指導できる)とスポーツ競技指導の場面ではかなり頼りにされる。

 

というのは、同じバーベル種目でありながら、スクワットやベンチプレスよりも瞬発力や柔軟性、テクニックなどが要求される種目で、ここで培われる能力はスポーツにかなりつながってくる。

 

野球でいえば、これをやると打球が飛ぶようになる。

(※注 バットに当てる打撃技術があるうえでの話)

 

なぜかというと、この種目は「カラダを上手く使って腕だけでは上がらない重量物を持ち上げる動作」だからである。

 

私は説明の時の例え話としてケン玉や、おんぶの時のショイ直し動作を用いている。

腕では上げることのできない重量を、小さな動きで鋭く出力して全身の連動で跳ね上げる

どこかの筋肉を鍛えることを目的として、そこを主働筋にして行うという、通常の筋トレ種目とは全く別物なのである。

 

その反対に、筋肉自体にしっかり効かせながら行う筋トレの代表例が「スロースクワット」で、ゆっくり動かすことにより軽い負荷でもしっかりと筋肉に刺激を与えることができる。

 

カラダが小さくても打球を飛ばすことができる人は、この「パワークリーン的なチカラの出し方」を習得していると思われる。

デカくても飛ばない人は、その反対ということで。

 

こういうことを学ぶと「飛ばすのは天性」などと云われて諦める前にやってみることがありそうだ。

 

f:id:kokokaramakuru:20211127173547j:plain

キャッチ動作

 

肩まわりやら手首やらが硬くて肘を前に出せていない・・・

ヘッポコ感が満載(泣)

 

だから、ホントはもうちょいお尻が後ろに出たカタチでキャッチしたいができない。

 

次の日には手首が痛くなってきた・・・

 

そう、この種目は関節の柔軟性もとても重要なので、この種目をちゃんとやろうと思うと、筋力だけでなく、各関節の柔軟性も大事になってくる。

 

それから、この種目を意識すると背中を寄せるので、結果的に姿勢作りにも役立つ。

 

思い起こせば、4年前だったか、これを競輪選手に指導したことがあったのだが、その指導のあと、運動不足のカラダで見本をやっていたものだから、あくる日から脊柱管狭窄症の典型症状が出るようになり3年間ほど難儀した(泣)

 

今度はそういうことの無いように慎重に作っていかねば(笑)

以下はその時の記事

kokokaramakuru.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休日にて

f:id:kokokaramakuru:20211122215549j:plain

ジャンボオランダ獅子頭(当歳の部優勝魚)

11月21日(日)

この日は、先週から「どう過ごすべきか?」と散々悩んだ一日であった。

 

というのは、香川県にて「日本オランダ獅子頭品評会」が行われるので、そちらの魅力も捨てがたく・・・

 

一方、我がホームタウンの岸和田市のマニア向け金魚屋主催の「ジャンボオランダ獅子頭品評会」もあり、こちらは私は正会員でもあるので義理人情でいえばこちらに顔を出すのがスジと言えなくもなく・・・

 

さらに和歌山の金魚屋に、いい魚が入荷されているという情報もあり・・・

それも捨てがたく・・・(でもそれは別日でもいいわけで)

 

香川に行くならば片道3時間プラス高速料金往復1万5千円に、このガソリン高値の時代のガソリン代と・・・さらに、間違いなく分譲魚を購入することが予想され(おそらく2~3万/1匹)これは危険な遠征となる・・・

 

よ~し、目覚ましをセットせずに寝て、起きた時間で決断しよう、早く目覚めれば香川、遅くなったら地元と・・・・

 

そういうこと言ってると・・・ホレ、やっぱり目が覚めた(笑)

 

う~ん、どうしよう~

 

・・・と、思っていたところに、釣りの合間にスポーツの面倒もみているという川崎さんからTELをいただき、事情を話すと、どうやら香川まで向かう経路の中で、途中の大阪都市部で大がかりな工事があり大渋滞なりが予想されるとのこと・・・

 

「いかない理由」を探していた私にとってはありがたい情報。

 

というワケで、地元を選択。

f:id:kokokaramakuru:20211122220707j:plain

ずらりと並ぶ入賞魚。

以下は、この時の魚の写真を並べたブログですのでよかったら。

kokokaramakuru.hatenadiary.jp

 

ちなみに私は、会員でもあり、当該種目の魚種(特定系統のジャンボオランダ獅子頭)を飼育していて、出場権利はあるっちゃあるのだけど、レベルがもう・・・・

 

高校野球に例えていうなら、この写真に並ぶような方々は甲子園常連私学クラス、一方の私は人数集めに苦労するレベルのチームクラスであります。

 

f:id:kokokaramakuru:20211122221139j:plain

キレイな鹿の子柄 

 

これで当歳魚(今年3月生まれ)とは驚きで、どうやったらこうなるのか?と、飼育者に質問してみると、「これはとても叶わない」という状況であった。

 

まずは、水替えはエブリデイ(毎日)とのこと。

しかも水量は「1トンはないんじゃないですかね~」と、サラッと(汗)

2mの容器だそうで・・・

 

エサは何回くらい?と尋ねると・・・・

 

「う~ん、フードタイマーを使いながらですけど10回以上は・・・」

 

との、お答え’(汗)

 

そりゃ毎日水替えせにゃいけませんわね・・・・

 

随分と赤の発色がキレイですけども餌ですか?との、質問には、

「う~ん、一応色揚げも入れているけど、日当たりが悪い場所だからLEDライトで就寝前まで照らしているのが効いているのかな~?」とのお答え・・・

 

う~ん、気合いと設備が違う・・・

 

それでも、この春先に大きくなったサカナを大量に死なせてしまった時には、さすがに「もう止めようか」と思ったという・・・(私ならやめてると思う)

 

f:id:kokokaramakuru:20211122222541j:plain

これまた見事な・・・

 

審査員の方に「俺の魚は何がダメだったんだ?」と質問している人がいてその話を横で聞く(こういうの楽しい)

私にしてみりゃどれも立派に見えるのだけども、どこで順位をつけるのやらと・・・

 

尾ひれの左右の対称など、「ほ~、そこを見ますか~言われてみれば」という話が沢山きけて面白い。

 

勝とうと思ったら、自分の好きなサカナではなく

審査員の傾向を調べてその審査員が好むサカナを出すことが重要。

そこまでやる人はやるという。

 

そういう勝負の話は聞いていて楽しい。

 

とはいえ、

「そこまでやってられるか」と思われる方、健全です(笑)

 

 

色々と聴いていて、「ほえ~!」と驚いたのは、

 

サカナは泳いでナンボ、審査の容器の中で

固まってジッとしているサカナは減点対象」とのこと・・・・

 

「え~!そんなの鍛えようがあるんですか?」

と驚いた。まぁ、人間でも本番になると固くなってしまうタイプと、ノビノビ自由に動いてチカラを発揮するタイプがいるが、サカナにそんなのどうやって・・・

 

社交的なサカナにするような育て方があんのかな?

 

沢山のサカナと一緒に飼うとか、色々な容器をタライ回しにして慣れさすとかすんのかな・・・

 

品評会にいるオジサンは一見、コワモテな人も多いが私は競輪場で慣れている(笑)

 

こういうオジサンは、話すと意外に優しい人が多い。

金魚を前にしてタバコを一服する姿は実にうまそうだ(笑)

 

f:id:kokokaramakuru:20211122224043j:plain

 

楽しい1日・・・の終わりにはせず、このあと私は和歌山へと走るのであった(笑)

 

3択課題のうちの2択を達成したという・・・(笑)

眼に入らない

f:id:kokokaramakuru:20211120143426j:plain

ネット通販で買ったシャンプーハット(1400円)

 

いきつけの床屋で育毛効果が高いとされる高級シャンプーを購入!

 

『すぐに流さずに2~3分ほど置いておくべし!そうすれば養分が頭皮にいきわたる』

 

という・・・「ホントだろうな!」と藁をもすがる思いで実行することにする。

 

とはいえ、風呂で頭を泡だらけにしながら2~3分は意外に長い。

 

ならばその間に髭でも剃るかとやっていたら、

当たり前だが上から垂れてきて目に入り激痛(泣)

 

そういやシャンプーハットってあったな。と思い、近くのホームセンター、スーパーやらドラッグストアを回ってみたが、幼児用のアニメキャラ絵柄付きはあるものの、大人用はおいてない。

 

無理やりやれば入るかと思ったが、私は意外に頭が大きい。

「大人用って無いのかしら?」と不安になったが

ネットを検索したらちゃんとあった。

 

介護の現場などで使うこともあるらしい。

 

たかがシャンプーハットとはいえ、真面目に選ぶと意外に悩む。

先人たちの感想(レビュー)はとても重要だ。

 

賛否両論あるが・・・・

 

f:id:kokokaramakuru:20211120144334j:plain

ボタンでサイズ調整できるものを選択。

 

レビューによればボタンがそもそも無いという不良品もあるとかないとかで、不安だったが、ちゃんとあるのが届いた。これだけでもラッキーと思わねばならない。

 

さて、使ってみた感想。

 

ナカナカ良い感じ(笑)

 

ハットの上の頭を洗っている感覚は、なんだか不思議だ。

ハットで区切られた上(頭)は、自分のカラダであるような、ないような・・・

 

頭を漬けおいている間に髭を剃る。

効率化が進み、なんだか進化した気分になる。

 

さぞかし、頭皮に栄養分が行き渡り、髪の毛も丈夫になるであろう(笑)

 

床屋の術中にはまっているという気もしなくはないが、あっちだって、私の髪があったほうが仕事が無くならないはずなんだから、親身なハズだと信じてみる。

 

 

ところで、平日に通販の届け先を公私混同ではあるが職場にしていた。

 

事務所に取りに行ったついでに、目の前の女性職員さんに

「こんなモン買ったんですよ~」と事務所で開封して披露(笑)

 

当然、「なんでそんなもん買ってるんですか~?笑」となり事情を力説!

 

くだらない話は真顔で言うのが鉄則!

 

当たり前だが、メイン事務室なだけに、次々と職員の人が通りがかり

事務所でシャンプーハットを被って力説している私好奇の眼で見るのでそのたびに巻き込んで説明!(笑)

 

シャンプーハットを被っている私は事務員さんの笑顔に囲まれている図柄となる。

 

遠くから見たらナカナカの面白い光景だったと思う。

 

若いころは「笑われているんじゃない、笑わせているんだ」などと、笑われることに抵抗があったが、髪の毛と共にその気持ちも抜けてきて、

「まぁ、どっちでもいいや、笑顔に囲まれていることに違いはない」となっている。

 

一応、1400円分の笑いは取ったぞ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二刀流

f:id:kokokaramakuru:20211117141445j:plain

卒業生で鍼灸師をやりながらスポーツトレーナーをしているハズの川崎さんから、こんな写真が送られてきた。

 

今度はカツオか!(笑)

 

和歌山まで足を延ばして釣ってきた模様。

 

この川崎さん、仕事前なのか、間なのか後なのか、隙間を見つけてさっといき、サッと釣って帰ってきて、また仕事をするという素晴らしいフットワーク。

 

確か、釣りを始めてまだ1年くらいなハズだけども、もうカツオ。

 

釣りは一見、気の長い人が向いているとおもわれがちだけど、実は「気の短い人」のほうがうまくなるといわれている。

 

こまめに餌や仕掛けをチェックしたり、移動することを厭わない精神が重要と言われている。

 

鍼灸師と釣り師の二刀流・・・

 

一日で、遊びと仕事の二刀流 いいですね~(笑)

 

 

・・と強引な前置きにして、大谷選手の二刀流についてふと思ったことをツラツラと

 

ちょうど記者会見のニュースをやっていた。

「質問がくだらない、レベルが低い」などのネットニュース上での批判も多かったようだけど、以前も書いたことあるけど、「じゃあ何を訊けばよかったのか?」って意外にというか、かなり難しかったように思う。

 

素晴らしい業績の人にインタビューするのは難しいように思う。

逆に悪いことをした人に質問するのは簡単だ(笑)

「なんであんなことやったんだ?動機は?理由は?いきさつは?方法は?」

いくらでも出る、しかも具体的に。

相手は悪いことをした手前、答えなければならない雰囲気。

 

その上、たいていは「そんなの言い訳だ!」と断罪される。

「アンタが訊いてきたから答えたんでしょうが!」と言い返せる状況にない(笑)

 

さて大谷選手がやってのけた『二刀流』

 

今後、後に続く選手が出るのか出ないのか、ハードルは上がったのか下がったのか・・・

 

二刀流の条件として身体能力の面であれやこれや言われるけども、

今回、「大谷選手だからこそできた」の『だからこそ』の部分は身体能力ではなくあのキャラクターも重要だったように思う。

 

許されるというか受け入れられるというか・・・

可愛らしい顔に加えて、外から見える性格も超重要ではないかと。

(真の内面などというのはもちろん不明)

 

私自身の感覚として二刀流に関して思うのは、あえて極端にいえば

「人として、そんなことやっていいわけ?」というものだ。

 

『先発型本格派投手』『ホームランバッター』って

野球の一番の花形というか、美味しいところじゃないですか。

 

それを両方一人占めするって、チームスポーツとしてどうなんだろうか?という思いがある。

 

しかもどっちも、やりっぱなしの行為である。『打ちっぱなし』『投げっぱなし』

 

『おい、球拾いしろ!』と、ブルペン捕手だった私は言いたくなる。

 

というわけで、二刀流の大きな条件は身体能力だけではなく、それを許されるというか、

「あなたのそんな喜んでいる姿を多く見ているのが嬉しいよ」と思われるような魅力を持っていることも重要なのではないだろうか。プレー以外のところで、献身的な姿勢があるとか・・・

 

これが、普段わがままで気分屋でチームの輪を乱すようなキャラクターの選手だったらちょっと扱いにくいかもしれない。

 

まぁ、それでもプロ野球ならいいけども、学校の野球だったら、教育的配慮が必要になってくるのではないかな?

 

なんてなことも思う。

 

でも、二刀流というか、「一つだけでなく」というのは、仕事などでは当然の話なので、なにも「投手と打者」というだけではない組み合わせの二刀流は今後面白い発展をするかもしれない。

 

あと、自分の楽しいのをやったら『もう一つは人の嫌がるものをやる』という二刀流を意識しながら生活できる人はうまくやっているんでないかな~なんてことを思ったりしました。

 

自分の好きなものだけの二刀流はどうなのよ?なんて(笑)

 

なんとなく、自分のやっていたチームのメンバーを思い出して、

「あの人の二刀流とかやだな~」なんて妄想をしていたら面白くなって書いてみました。

 

二刀流って色々なところで面白く使われる言葉になりそうですね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

限界集落にて

f:id:kokokaramakuru:20211110151224p:plain

脳トレ

だんだんと、自分のために脳トレをしているような気分になってきます(笑)

 

関西医療大学の看護師の先生たちと和歌山県串本町限界集落を訪問、運動教室をしてきました。

 

このコロナ禍で久しぶりの訪問となりました。

 

実は、このコロナ期間に事故でお亡くなりになってしまった方もあり、やっぱり皆さん少々元気がありませんでした。

 

その部分を意識して無理やり雰囲気を盛り上げるようなことはしませんが、こうして運動をして少しでもカラダを動かすことで、少しは心がほぐれることもあるのではと思いました。

 

けっこう喜んでもらえたように思います。

f:id:kokokaramakuru:20211110153237j:plain

記念撮影

 

 

f:id:kokokaramakuru:20211110154913j:plain

海沿いのコンビニにて  看護師の先生たち

 

 

f:id:kokokaramakuru:20211110155602j:plain

次に来れるかは分からないわけで、一回が貴重だなと思うのでありますが・・・

 

 

 

 

動画のためにインスタグラムを貼り付けようとしたら、パスワードを忘れてしまった・・・

 

自分の認知症予防というか「対策(メモを取る)などせねば」ということを思い、メモをしたはずなのだが、どこにメモをしたのかを忘れてしまっている・・・

 

 

なんだかパスワードが増えすぎて、これって便利なのかどうなのか・・・・

 

こんなこと言っているようじゃ、これからの時代を生きていけないな・・・トホホ